媚瘤芸津、10月1日に予定より早い死刑の執行(2021/10/03)

現在のパンデミックと惑沈による人口削減計画を20年前から進めてきた経緯が軍事違法艇で明らかにされていました。媚瘤芸津はビッグファーマに指示し、毒の入ったインフルエンザの惑沈と称する物質で、新聞により募集した250名を死亡させたことが、91才の生存者の証人によって証言されまし...

驚愕!明らかになった惑沈の成分。流産した胎児の細胞や発がん性物質も・・(TeregramのQ)The Storm Rider氏の投稿より 2021/09/09)

これらがワクチン成分の一部です。これらはあなたの子供に注射されています。 ◾️ホルムアルデヒド/ホルマリン-毒性の高い全身性の毒物および発がん性物質。 ◾️ベータプロピオラクトン-有毒な化学物質および発癌物質。少量に非常に短時間さらされた後、死亡/永久傷害を引き起こす可能性...

神岡本が放つ光は、イベルメクチンやヒドロキシクロロキンが放つものと同種のカウンターエネルギー 2021/09/06

567に効くというイベルメクチンとヒドロキシクロロキンのオーラを霊視すると、実は両者は全く同じ567のカウンターエネルギー(567ウイルスのオーラ上の見え方と逆の形、線対称のエネルギー)を放っているのです。しかし、イベルメクチンの方がやや純度が高くて強い感じの光を放っていま...

1月6日上下両院合同議会ではペンスが裏切り、バイデンが当選されたことにされるとの予言が的中(2021/01/11)

2021年1月6日の上下両院合同議会で、12月の選挙人投票の集計がペンス副大統領の議長の下で行われました。ペンス副大統領は裏切って、不正のあった7州のバイデン候補への投票を拒否する権限がありながらそうしなかったのです。そして各州議会から送られてきた選挙人をそのまま承認しまし...

出火原因はリーディング通り超常現象?(2019/11/03)

今日のひと言に書きましたとおり、この度の首里城火災は放火でもなければ管理上の不注意でもない不思議な「自然現象」というのが私のリーディング結果です。人類全体のカルマが関係している超常現象だと私は思います。やはり新聞も放火ではないと報じています。今のところ出火原因について管理上...

この合意でどうにかしてEUを離脱する!ジョンソン首相(2019/10/23)

ジョンソン首相の10月23日の答弁の翻訳(神岡訳); 「下院が再び延期を決議したことに対して私は失望したと言わざるをえません。そして、英国が10月31日に合意の上でEUを去ることができることを保証してくれるスケジュールを選ばなかったことに対しても。私たちは今や、さらなる不安...

逆境だがブレグジットは成功する!(2019/10/21)

昨日英議会でブレグジットのEUとの新合意案を承認する採決を先送りする動議が成立しました。10月19日までにブレグジットが実現しなかったらEUに1月まで延期する申請をする法的義務があるため、ジョンソン首相は要請を形式的にEUへ送ったものの、もう一通の書簡も添え、10月に離脱す...

現時点ではEU離脱成功の見込み強し(2019/10/15)

未来の霊視では、ブレグジットを推進する魂ON!のボリス・ジョンソン首相が何らかの合意をから得た上で延期されず離脱に成功するシナリオが今のところ最も可能性が高いです。もちろん自我意識のグローバリストに離脱を延期され、行く行く阻止されるシナリオも僅差で高い可能性として存在してお...

トピックス&時事ニュース