top of page
  • 執筆者の写真神岡建

NESARAの詐欺。白い騎士、暗黒の陰謀、無限の繁栄

2014年2月24日付 スケプトイド・ブログ(DeepL翻訳)

by マイク・ロスチャイルド


数週間前、私はイラク・ディナール切り上げ詐欺に関する詳細な記事を書いた。RVとは、価値のない(しかし非常に高価な)イラクの通貨を米国政府/IMF/グローバリスト支配者が魔法のように、1ディナール=3ドル以上というサダム時代の価値まで、あるいはそれ以上に切り上げてくれるという空しい希望に基づいて売りつける詐欺的な投資である。 理論的には、切り上げれば、何百万ディナールも持っている詐欺の被害者が金持ちになり、より平等で公正な社会の到来を告げられるというものだ。とかなんとか。

ディナール詐欺について調べていると、最初のブログの記事とは関係ないけれども、面白い余談がいくつも出てきた。その一つは、同じように山ほどちんぷんかんぷんで、同じように繁栄を約束し、その繁栄が現れないと失速するような詐欺である。

NESARAと呼ばれるもので、RV詐欺の前身と見ることもできるかもしれない。どちらも緻密で複雑な神話を持っているが、結局は「今すぐ来る!」という膨大な富の一部と引き換えに、人々からお金を得ることが基本となっている。

NESARAは、ニューエイジ・ホーカム、エイリアン神話、主権市民の戯言、繁栄の福音、9/11真実主義を混ぜ合わせて奇妙な網を作り上げたのである。そして、多くの陰謀論に見られるように、それは実在するものをベースにしているが、その実在するものからかけ離れた方向へと導かれているのだ。

現実の世界では、NESARAは "National Economic Security and Recovery Act "の略である。1980年代にエンジニアで教師のハーベイ・フランシス・バーナード氏が書いた金融改革と税法改正のセットであり、彼の著書『Draining the Swamp』に掲載されたものである。

バーナード氏は、連邦準備制度を廃止し、複利融資を禁止し、消費者債務を免除し、ドルを金本位制に戻し、現行の所得税を廃止して全国売上税にするという米国の金融システムを大規模に見直すことを構想した。そうすれば経済は活性化し、生活水準は2倍になり、人々は借金の重荷から解放される。バーナード氏は、この借金があらゆる社会悪の中で最大のものだと考えた。

バーナード氏は、この提案書がすぐに成立すると信じ、1,000部刷って、すべての国会議員に送った。しかしこの案は可決されるどころか、一度も議会に提出されたことがない。約10年間の努力の末、バーナード氏はその文章をオンラインでパブリックドメインとして無料公開した。

もちろん、これは陰謀論者がひっかかったNESARAではない。

バーナード氏が2000年にNESARAを公開すると、新興のインターネット陰謀論者の間でたちまち評判になった。その一人シャイニー・グッドウィンは、オメガ・トラストという詐欺の被害者である。オメガは、クライド・フッドという詐欺師が仕組んだもので、「ヨーロッパの優良紙幣」を「オメガ・ユニット」と名付けて販売するものである。1ユニットを100ドルから購入でき、「ロールオーバー」すると1,200万ドルもの利益が得られる。ちなみに、これはイラクのディナール詐欺で約束されたのと同じである。

言うまでもないことだが、フッドが発明したばかげたものは実際には一つも存在せず、2000年には連邦政府がフッドと彼の計画に迫っていた。一方、フッドの信奉者たちは、自分たちの商売道具の情報を得ようと躍起になっていた。そこで、このお金の形をした穴に、破産、未払い税金(IRSが違法なスキームであるため)、ニューエイジの信仰など複雑な個人歴を持つオメガの「投資家」、シャイニー・グッドウィンが足を踏み入れたのである。グッドウィンはオメガに金をつぎ込んだだけでなく、オメガの応援団長、宣伝牧師、伝道師長となった。「ワンネスのダヴ(鳩)」というスクリーンネームで、彼女はオメガの最新情報を止めどなく投稿し、投資家にいつでも「配達」が行われると約束した。 しかし、それが実現しなかったので、彼女は陰謀、箝口令、謎の死、世界支配の最高レベルにおける内輪もめなどを発表し、停滞させた。 彼女は、英雄的な「白い騎士」が銀行家の「暗黒の陰謀」と戦い、オメガとすべての人々の繁栄が天秤にかけられるという世界像を提唱した。これもまた、ディナール詐欺とほとんど同じような話だ。

2000年末、ついにオメガは崩壊し、フッドは多数の連邦起訴に対して有罪を認め、12年間刑務所に収監されることになった。 案の定、グッドウィンはすでにニュース更新のテーマを変えていた。オメガは平和と富と権力をもたらすもう一つの繁栄法を阻止している同じ陰謀団によって沈められたのだと、彼女は主張した。

それがNESARAである。 「ワンネスのダヴ」によれば、この法律は2000年にビル・クリントンによって秘密裏に可決され、このことを公にした者には死を約束する箝口令が敷かれていた。ハーベイ・バーナード氏の絵に描いたような経済提案のダヴ版は、オリジナルよりずっと奇妙なもので、すべての負債が帳消しになり、新しいお金が印刷され、世界平和が宣言され、税金が違法になり、繁栄パックがすべての人に与えられるというものであった。この法律を世に出すためには祈りが必要である。当然ダブへの寄付も大いに役立つ。

2001年、バーナード氏とダヴ(=シャイニー・グッドウィン)は、NESARAをめぐって対立した。ダブはバーナード氏を陰謀団の一員と主張し、バーナード氏はダブを詐欺師だと主張した。

そして、2001年9月11日、アメリカ国内で最悪の攻撃が起こった直後、ダヴは彼女の代表的メッセージとなるものを投稿した。

「今日の3つの標的はすべてNESARAと銀行の変化に関連しています。今朝9時、ニューヨークの世界貿易センターにあるIMFの国際銀行コンピューター・センターで、重要な銀行業務が開始される予定だったことを知りました。これが明らかに、今日の午前9時前後に世界貿易センターが攻撃された理由です。これらの飛行機攻撃の命令は、私たちの配達/資金調達とNESARAを止めようとしている米国市民から来たのです」

ダブの読者は急増し、やがて1万5千人もの被害者が彼女の名前の書かれた投函箱にお金を送るようになった。 NESARAの情報を得るために彼女に金を払う人々は、誰も彼女を主権者としての「特別な地位」を持ち、闇の勢力との戦いで「白い騎士団」を率いるハイレベルなインサイダーとしか見ていなかった。

しかし、そんなことはどうでもいい。金融の闇から救い出してくれる人を探している人たちからどんどんお金が集まってくる。NESARAを暴露し、その繁栄を公にすることで、そのトリックがうまくいくのならそれでいいのだ。

その後数年間は「ワンネスのダヴ」にとって忙しい日々だった。ビジネスライセンスを取得した。お金をせびった。NESARAについてラジオのインタビューを受けた。お金をせびる。 偽旗攻撃、イルミナティ、空飛ぶ円盤艦隊、さまざまなエイリアン、アストラル飛行機など、奇妙な神話を語りだした。彼女は金をせびった。彼女は「今すぐNESARAを!」と最高裁に手紙を書くキャンペーンを組織した。移動式の看板を買って、NESARAの素晴らしさを訴えるためにワシントンを走り回らせた。そして、金をせびった。

ブッシュ政権下の大半の期間、ダヴは最新情報や警告、支援の嘆願を送り続けた。2004年、シアトルの記者ショーン・ロバートソンがダブ(=シャイニー・グッドウィン)の経歴と自作自演の癖を暴くと、詐欺はますます盛んになった。 NESARAはまだ成立しておらず、今後も成立することはないだろうが、それでも神話は拡大し、要約するのが不可能なほど無意味なものになった。

ディナール暴落のように、NESARAの繁栄は常に実現寸前で、いつも予期せぬ遅れや陰謀の要素に阻まれた。ダヴの読者層は小さいが声が大きく、数人の信奉者の助けを借りて、彼女はNESARAを儲かる金儲けのスキームに変えた-2005年にその創造者が死んだ後もそうしていた。

そして、オメガがそうであったように、苦情が殺到するようになった。2007年、ダヴはサンフランシスコの老女から「少なくとも」1万ドルをだまし取ったとして、国税庁とワシントン州から調査を受けた。他にも苦情が寄せられた。NESARAは他の詐欺が台頭してきたため、次第に影が薄くなり始めた。 2010年、シャイニー・グッドウィン(ワンネスのダヴ)は、国税庁からの先取特権と戦いながら、母親の携帯電話で暮らし、この世を去り、NESARA詐欺はほぼ幕を閉じた。

NESARAは今でもブログで散発的に紹介されているが、真の信者は皆前に進んでいる。ダヴのウェブサイトは閉鎖され、NESARAに関する投稿や記事のほとんどは、インターネットのウェイバックマシンの暗い隅に埋もれている。

これらのことから私が得た教訓は、レッド・ツェッペリンの言葉を借りれば、詐欺の手口は変わらないということだ。クライド・フッドは2012年に、グッドウィンはその2年前に獄中で死んだが、彼らの仕事は続いている。

オメガ、ネサラ、RVは文脈こそ異なるが、その目的は全く同じだ。今少額の資金を後で巨額の資金と交換する。もちろん、「後で」は来ないが、絶え間ない宣伝、偽のアップデート、布教活動によって希望は生き続ける。ディナールの代わりにどんな詐欺が行われようと、その次もそのまた次も同じことだろう。 無一文で何かを提供する人は常に存在し、すべてを犠牲にしてでもその無一文を手に入れようとする人が常に存在するのだ。

シャイニー・グッドウィンの死を告げるインターネット上の投稿の最後の一文は、はるかに少ない言葉でそのことを語っている。 「投資家はまだgoldfornesara@verizon.net、Shaini Goodwinが設定した非常に特別な取引に投資する機会を得ることができ、有利なリターンを提供します。すべてのコンタクトはまだ有効です」

by Mike Rothschild

501(c)(3)非営利団体スケプトイド・メディア(@Skeptoid Media)


閲覧数:47回

コメント


bottom of page