top of page
  • 執筆者の写真神岡建

JAG(海軍法務総監)、バイデン政権の最高科学顧問に死刑判決 Real Raw News (2024/01/18) By Michael Baxter

ソース:


バイデン政権の最高科学顧問であるアラティ・プラバカールが、グアンタナモ湾軍事法廷で反逆罪と反乱罪の謀議により有罪判決を受け、火曜日の朝に死刑を宣告されたとGITMOの情報筋がリアル・ロー・ニュースに語った。


既報の通り、大晦日に米海兵隊は豪華な自宅の居間でシャンパンを飲みながら、ディック・クラークの『ロッキング・ニューイヤーズ・イブ』を見ていたほろ酔いのプラバーカルを逮捕した。海兵隊はプラバカールをJAG処理センターに連行し、そこで捜査官たちは公共水道にCOVID-19ワクチン接種を導入することについて彼女が執筆した提案書について質問した。彼女はカマラ・ハリスの遺贈で書かれた32ページの文書は、理論的なものであり、実戦配備を想定したものではないと主張した。


JAGは彼女を信じず、プラバカールが権力の座にある任命された役人であったことを主な理由として、この提案を反逆であると断じた。JAGは、まともで合理的な人間なら毒入りの血栓注射を飲料水に入れようなどとは夢にも思わないだろうと主張した。GITMOに移送される前、プラバカールの調査官に対する最後の発言は、"はい、それは理論的なものですが、もし人々が進んで予防接種を受けようとしないのであれば、予防接種を受けさせ続ける方法を見つけなければなりませんでした」というものだった。


この文書、プラバカールの声明、そして彼女とカマラ・ハリスとの間の電子メールチェーンが、火曜日の法廷におけるダース・E・クランドール副提督の唯一の証拠となった。

弁護人を拒否したプラバカールは、弁護人席に一人座り、手首に手錠をかけられ、テーブルの上の腕木に固定された。まるで自分の命が危険にさらされているとは思っていないかのように。彼女の目は、提督と、まもなく彼女の運命を決めることになる士官たちのパネルを交互に見ていた。クランドール提督は、鏡のようにピカピカに磨かれた靴のつま先をリズミカルに床にたたきつけながら、プラバカールの提案書のコピーを検討するようパネルに求めていた。

プラバカール被拘禁者が沈黙を破った 「話していいですか?」

「プラバカール被拘禁者、その後でチャンスを与えましょう」と提督は厳しく答え、パネルが彼女の陰湿な陰謀を検討し終わるのを待った。


筆頭パネリストの海兵隊少佐が「書類は熟読した」と言った後、提督は、市民が知らないうちにワクチンを接種しようとしていたプラバカールという女性が、自分自身はCOVID-19の予防接種を受けたことがないことを告げた。


「被拘禁者から採血を始めてから、ある傾向に気づきました。このCOVIDの犯罪者たちは、その表現が適切だと思いますが、人々の腕に毒を入れるために複雑な計画を夢見るのです。しかし、彼らは決して予防接種を受けない。ファウチ。コリンズ。 ウォレンスキー。数え上げればきりがない。彼らが国民に押し付けた予防接種を受けた者は一人もいない。そしてこの抑留者、医学的資格ゼロの強欲な女性は、ワクチンで水を汚染するアイデアをでっちあげた。私たちの仲間は、それは実現不可能で、彼女が考えているような効果はないと言っている。ワクチンを打っても誰も感染しない。彼女は科学プロジェクトのような楽しみのために書いたと言っているが、拘束者と合衆国副大統領になりすました女性との間で交わされたメールには、そうではないことが書かれている」


提督は、壁に貼られたフラットスクリーンにメールの画像を映し出した。「まずクリーブランドから始め、結果を見守り、結果が良好であれば、都市から都市へと移動し、ろ過システムにワクチンを注入する。そう、このプロジェクトが完了するまでには何年もかかるだろうが、最終的には人口の大多数にワクチンを接種し、ブーストすることができるだろう」


カマラ・ハリスはこのメールに返信した: 「ABやXBに近づく前に、うまくいくという絶対的な確信が必要なのです。もしうまくいけば、ここにいるクソみたいな連中の何人かは、私に信用を与えなければならなくなるだろう。だから、ABやXBにアプローチする前に、絶対に成功するという確信が必要なんだ。あなたが賢いのは知っている。私たちの政治的キャリアを後押ししてくれるでしょう」


「仰せの通りにします」とプラバカールは返事を書いた。

提督は、プラバカールが自由になれば、極悪非道なディープ・ステートの仕事を続けるだろうと主張した。彼女は社会にとって脅威であり、彼女の行動は1807年の反乱法に従い、アメリカ合衆国に対する反逆と反乱の共謀の定義に合致すると彼は言った。彼はパネルに対し、彼女を有罪とし、死刑を宣告するよう求めた。

クランドール提督は、「JAGはそのケースを支持し、被拘禁者は反対尋問に応じることを条件に、彼女自身のために証言することができる」と述べた。


「そんなことは望んでいない。カマラと私はロールプレイをしていただけで、反対尋問を受けたくはありません」

提督は言った。「委員会は全員一致で有罪の評決を下し、プラバカールに極刑(絞首刑)を下すよう意見した」クランドール提督はプラバカールの死刑執行を1月30日に予定した。




閲覧数:43回

Commentaires


bottom of page