top of page
  • 執筆者の写真神岡建

JAG、ジェナ・エリスを起訴  Real Raw News マイケル・バクスター (2023/11/20)





アメリカ海軍法務官部隊(※JAG)は、元トランプ弁護士のジェナ・エリスを国家反逆罪と敵国幇助罪で起訴した、と法務官関係者がリアル・ロー・ニュースに語った。

エリスに対する正式な告発は、彼女がかつての雇い主であるドナルド・J・トランプ大統領を裏切り、どんな手段を使ってもトランプを破滅させると誓ったディープ・ステートの検察官と司法取引をした後に行われた。エリスは、犯罪者であるバイデン政権が2020年の大統領選挙を、いくつかの激戦州で票を捏造し選挙マシンを不正操作して盗んだことを証明するために雇われた弁護団の一員だった。当時、彼女は不正選挙を覆そうとするトランプの努力を激しく擁護し、「トランプ大統領は選挙に大勝したのであり、それに反する主張はすべて真実ではない」と述べた。

8月、ディープ・ステートはエリスを捕まえ、彼女と他の17人のトランプ関係者を州の反競争法違反と公務員による宣誓違反の勧誘で告発した。罪状は明らかに虚偽だが、エリスはジョージア州フルトン郡の拘置所で自首し、保釈金を支払い、"現在および将来 "のすべての裁判でトランプとその共同被告に不利な証言をすることに同意して釈放された。


我々の情報筋によると、JAGは6月にエリスを訪問し、ディープステートが彼女に目を付けており、トランプ大統領に背を向けなければ刑事訴追すると脅すだろうと予告したという。 伝えられるところによると、エリスはJAGの捜査員に対し、「たとえ彼らが何を試みようとも、私はそんなことはしないし、ドナルド・トランプは無実であり、選挙に勝った。」と語ったという。 「いずれにせよ、彼らが私を悩ませるとは思わない」 捜査官らはエリスに対し、ディープステートの悪魔的な説得力を過小評価してはならないと警告した。 彼らは彼女に軍事的保護を申し出さえしたが、彼女はそれを拒否した。 これに対し、捜査当局はエリスに対し、「重大」という言葉を強調して裏切りは重大な結果をもたらすと伝えた。


「彼女は警告に耳を傾けるべきだった。我々はディープ・ステートから彼女を守る用意があった。しかし、彼女は興味を示さなかった。そして彼女は自首し、トランプ大統領について重大な嘘をついた」と情報筋は語った。

エリスは後に、トランプ大統領のために働いたことを後悔していると言い、トランプ大統領を「悪性のナルシスト」と呼び、たとえ選挙で合法的に負けたとしても、ホワイトハウスを明け渡すつもりはなかったと申し開きをした。

JAGは、弁護士であるエリスがディープ・ステートの検察官と話す際に、弁護士と依頼人の間の秘匿特権を私的に侵害したと考えている。


「トランプ大統領は無実であるため、彼女がトランプ大統領を有罪にするような本当のことを言うことはできないが、DSは彼女に自分たちの望むことを言わせるだろう。要するに、彼女が公の場で何を言おうと、エリスは裏切り者なのです」と情報筋は言う。


エリスさんは公の場で、トランプ氏に対する自身の感情について曖昧に語った。 スティーブ・ディエースが司会を務めるアメリカン・ファミリー・ラジオの番組でエリスは、「(トランプの)支持者の一部に見られる完全な偶像崇拝は、自分たちのスターへの愛よりも憲法や国家、保守主義の原則を優先する気がない」と語った。 スターにとっては本当に厄介なことだ」と付け加え、「私は個人的に彼に大きな愛と敬意を抱いている」と付け加えた。

「彼女がトランプ大統領と憲法を尊重していれば、ダークサイドに傾くことはなかったでしょう」と情報筋は語った。


同氏はRRNに対し、エリスが保釈され、「選挙破壊」に加担したとしてジョージア州住民に「謝罪文」を書いた後、JAG捜査官がエリスを再訪問しようとしたと語った。 しかし今回は、DC郊外にあるエリスの自宅はFBI捜査官の集団によって警備されていた。


「彼女は軍の保護を拒否し、ディープ・ステートに守られて生活している。

JAGがエリスに電話すると、FBI捜査官が応対し、"エリスさんは何も話すことはありません "と言った。

"ジェナ・エリスはいずれ、一挙手一投足を監視する常時警備に疲れ、彼らに隙を見せようとするだろう。みんなそうです。そして我々はそれを待つことになる」と情報筋は語った。

起訴状の存在を公表することは、将来の逮捕を危うくするのではないかとの質問に対し、情報筋は「ここに秘密はない。彼女はきちんと警告を受けた。

JAGが他の司法取引者を告発したかどうかについては、今のところコメントしない。

閲覧数:93回

Comentários


bottom of page