• 神岡建

米軍 「バイデンは核発射コードを持っていない」(2022/02/28)

Real Raw News(翻訳)

By Michael Baxter -2月28日


出典へのリンク

https://realrawnews.com/2022/02/military-biden-has-no-nuclear-launch-codes/


米国大統領を自称するジョセフ・R・バイデン氏は、わが国の戦略核兵器を起動するのに必要なコードを持っていないので、原子爆弾による終末を引き起こすことはできないと、軍の高官筋がReal Raw Newsに語った。


過去にも情報筋はそのようなメッセージを伝えていたが、RRNは、ボンクラのバイデン政権には、我が国を計画的な核大虐殺に突入させる権限も能力もないことを再確認したかったのである。


「核の三重奏は安全だ。政権の誰も持っていない」と、海兵隊のデビッド・H・バーガー将軍のオフィスに座っている我々の情報筋は言った。


"トランプ大統領は反乱法に署名したとき、米軍に政府の暫定的な支配権を与えた。この法律を取り消すことができるのは、国内で2人、バーガー将軍か、トランプ大統領自身だけだ」と付け加えた。


"はっきり言っておくが、誰かが米国に発射すれば、我々は報復する。しかし、その決定は、憲法を守ることを誓った生涯愛国的な兵士たちの手に委ねられているのだ。バイデンは核ミサイルの発射コードを持っていない。彼はおならを発射することはできない」と続けた。


さらに、政権は核砲撃を行えないが、核兵器を持つディープステートの同盟国である英国も同様であると述べた。フォートゴードンの米陸軍サイバー司令部は、ダウニング街10番地を通過する大陸横断通信と、英国政府および軍への信号情報および情報保証の提供を担う情報・セキュリティ組織GCHQを監視している。


このように、イギリスの防衛態勢は変わっていない。


しかし、イギリスのお騒がせ首相ボリス・ジョンソンは、バイデン、カマラ・ハリス、アンソニー・ブリンケン国務長官、ロイド・オースティン国防長官といった人々と仲良くなっているので、犯罪者バイデン政権がそんな要求をしたら、モスクワに放火しようと思うかもしれない。


「我々は、政権が核戦争を望んでいること、ロシアを煽って先制攻撃させようとしていることを真剣に検討した。発射できないので、イギリスかフランスを代理の引き金として使うしかない。これらの国々に、自分たちが焼け死ぬのを見たくないという正気がまだ残っていることを願う。ウクライナの状況は、誰が正しくて誰が間違っているかにかかわらず、微妙である。映画のように、偶然にミサイルが1発発射され、相手側が大したことはない、問題ない、こちらも1発発射してやるから同等にしろ、と言うようなことはないのです。短距離、低収量の戦略兵器の使用でさえ、完全な核コミットメントにエスカレートする可能性が高い」と、情報筋は言う。


「しかし、例えば英国が欺かれて発射し、ロシアが英国だけに反撃した場合(ありえないシナリオだが)、われわれは英国を守らないだろう。ありえない」とも言った。


最後に、「冷静になって、プーチンが先制攻撃をするほど狂ってしまったというメディアの主張を、"白い帽子 "が疑ってくれることを願っている」と述べた。


RRNは、読者の支持に依存する独立系出版社です。私たちは、抑圧された社会で、真実と報道の自由のために戦います。私たちは、キリスト教に基づく募金会社であるGiveSendGoを利用して寄付を集めています。私たちの知的財産をコピー&ペーストするようなサイトやチャンネルに、あなたが苦労して稼いだお金を渡さないようにお願いします。私たちは、数え切れないほどの時間をかけて吟味し、調査し、執筆しています。ありがとうございます。1ドルでも多く寄付してください。


GiveSendGoの募金リンク。




閲覧数:13回