top of page
  • 執筆者の写真神岡建

米海軍法務官、ビクトリア・ヌーランドを「不履行により有罪」とし、絞首刑に処す


Real Raw News マイケル・バクスター 著 -2024年4月9日



3月4日に逮捕されたビクトリア・ヌーランドが罪状認否で有罪か無罪を主張することを頑なに拒否したため、米海軍法務官は金曜日にビクトリア・ヌーランドを不履行により有罪とした、と法務官関係者がリアル・ロー・ニュースに語った。


既報の通り、海兵隊は夫妻の5500平方フィートの邸宅を襲撃し、妻を見捨てて逃げようとした夫の首に麻酔銃を撃ち込んだ。不名誉な二人はJAGのペンサコーラ処理センターに連行され、協力できないように引き離された。


この記事を書いている時点で、RRNはヌーランドの配偶者であるロバート・ケーゲンに関する他の情報を持っていない。


ヌーランドは協力を拒否している。JAGが彼女に外部の弁護士を雇うつもりはあるかと尋ねると、彼女は首を左右に振って、自分は犯罪を犯していないので雇う必要はないと答えた。JAGが弁護を依頼するかどうか尋ねると、彼女は笑い、JAGの "誤りだらけの "証拠の説明を要求した。彼女は「反逆罪」で告発されていること、そしてクランドール



提督が間近に迫った軍事法廷でその詳細を雄弁に語ることだけを告げられた。


「GITMO?私はそこには行きません」とヌーランドは罪状認否の判事に告げ、すべての人に罪状を聞く権利を与える憲法修正第6条をそのまま復唱した。


「あなたは敵性戦闘員として拘束されており、その権利を放棄している。あなたには憲法上の権利はなく、ジュネーブ条約も適用されない。有罪を認めますか、無罪を認めますか」と判事は尋ねた。

「どちらも認めません」とヌーランドは言った。「そして夫に会いたい。あの虫はどこにいるのですか?"

「よろしい。いずれにせよ、おまえはGITMO行きだ。クランドール提督があなたの運命を決めるでしょう。私はあなたのご主人のことは知りません。


GITMOに到着したヌーランドは再び弁明の機会を与えられたが、またしても口をつぐんだ。


「ヌーランドさん、"無言 "の答弁は、ここでは外の世界とは違うのです」とJAGの擁護者は彼女に言った。ギトモやJAGが管理する施設以外では、被告が有罪でも無罪でもないことを主張することを無言嘆願という。被告人の弁護士が裁判所に無言嘆願を伝え、裁判官が無罪を主張する。


「奥さん、あなたがカウンセリングを拒否したことは知っていますが、聞いてください。もしあなたが嘆願しなければ、あなたに代わって有罪の嘆願がなされ、既定では、あなたはすべての罪状で有罪となり、最高刑が言い渡されます。私の言っていることがわかりますか」と弁護人は尋ねた。

沈黙が続いた。


ヌーランドがキャンプ・デルタに滞在している間、彼女はさらに6回も嘆願書を提出する機会を逃し、代わりにJAGがドナルド・トランプとウラジミール・プーチンを「偶像化」していることを非難し、世界で最も影響力のある指導者たちを「世界がこれまでに知っている民主主義に対する最大の脅威」と呼んだ。さらに、彼女の "仲間 "はバイデン/ハリス政権へのすべての挑戦者を "霧散化 "させると述べた。


4月5日金曜日、クランドール提督は原告であるJAGに有利な不履行判決を下し、ヌーランドに、法廷の都合で(仮に)4月16日に死ぬまで首吊りの刑を言い渡した。

我々の情報筋によれば、彼はできるだけ早く証拠抄本を提出するとのことである。



閲覧数:106回

Comments


bottom of page