top of page
  • 執筆者の写真神岡建

特殊部隊がオバマのクローンを破壊

マイケル・バクスター著 -2023年10月7日

Real Raw News



ホワイトハットは土曜日、海外からディープ・ステートを運営し、バイデン政権全体の糸を引いていると長い間疑われていたバラク・フセイン・オバマに、少なくとも1人、おそらくもっと多くのクローンがいることをリアル・ロー・ニュースに確認した。


金曜日にアメリカの特殊部隊が、オバマのマーサズ・ヴィンヤードの要塞からフェリーで離れたマサチューセッツ州のファルマスハイツ・ビーチの砂浜を散歩していたフセイン・オバマと思われる人物を守っていた3人のシークレットサービスを殺害した。


前日、米陸軍サイバー司令部(ARCYBER)は、オバマ財団のティナ・チェン上級副会長からコネチカット州のジム・ヒメス下院議員(民主党)宛ての暗号化されていない電子メールを傍受した。その手紙の中で、チェン氏は「オバマ大統領」の依頼で書いたと述べており、翌日の午後、ファルマスでジョギングをするので、スケジュールが合えば、ハイムス議員も参加するようにとのことであった。


オバマ大統領の未発表の旅行計画は常にほぼ解読不可能な暗号化で暗号化されているため、この文通はすぐに疑惑を呼び起こしたと情報筋は言う。ARCYBERは、もしハイムスが返信を送ったとしても、それに対する返信を検知しなかった。


この電子メールはキャンプ・ペンデルトンのスミス将軍に送られ、彼はホワイト・ハット評議会と協議した後、万が一送信者が失態を犯し、オバマが実際にファルマスに現れた場合に備えて、この手紙は調査に値すると考えた。そして、チェンは待ち合わせ場所を正確に指定したため、特殊部隊が待ち受けるかもしれない罠や待ち伏せを避ける限り、失うものはほとんどなかった。


金曜の日没前、オイスター・ポンド・ロードとサーフ・ドライブの交差点にある砂浜の駐車場に、窓をスモークした黒いリムジンが停まった。地味なスーツに青いネクタイの男性3人がリムジンを降り、身長185センチのひょろひょろした黒人男性がゾウの耳をつけたオバマ大統領そっくりの姿で続いた。


ブルーのトラックスーツに、汚れのないナイキのバスケットボールシューズを履いたオバマは、連邦政府の3人組に囲まれ、つま先を触ったり、大柄な首をひねったりしながら、ウォームアップ運動を始めた。


何度か膝を深く曲げた後、彼は走る準備ができたと言い、糊のきいたシャツにオックスフォードシューズを履いていたが、捜査官たちに歩調を合わせるように言った。


サイクリングロードまでジョギングしていたところ、4人の特殊部隊の兵士がサイドアームを構えてオバマの警備に近づき、膝をついて両手を頭の上に置くように命じた。


「どうしたんだ?あなた方は誰ですか?これは演習か?」オバマは言った。


「大統領、私の後ろにいてください」とエージェントが言い、ブレザーの中に手を突っ込んだ。


2発の銃弾がFBI捜査官の頭を直撃した。彼が倒れると、銃を手にした2人目のFBI捜査官がオバマの前に飛び出し、ラペルマイク(襟の折り返しにつけるマイク)に向かって応援を要請した。彼は一発放ったが大きく外れ、射殺された。最後の捜査官も銃弾に倒れ、オバマに命中した。


特殊部隊の指揮官はオバマの手首を握り、脈が弱くなっているのを感じた。


「どうして?オバマは息を引き取った。


不可解なことに、遺体は自然発火し、両手から始まり、腕と胸に広がった。特殊部隊は砂と水で炎を消そうとしたが、その努力もむなしく、炎は急速に焼けただれた肉を焦がしていった。


「足を確認しろ」と、ボディ・ダブルやクローンを見分ける訓練を受けている特殊部隊の先頭が声をかけた。


彼らはオバマの靴下とスニーカーを素早く脱がせ、彼が偏平足であること、そして彼のスニーカーが土踏まずのない人に合うように改良されていることを確認した。ズボンを下ろすと、オバマには生殖器がなかった。


遺体は触れないほど熱くなり、すぐに火で焼かれた。


「骨と歯が残っています。「燃えているのは、これまで見たことのない安全装置です。成熟期にプログラムされ、寿命が近づくと呼び戻されることは知っているが、これは初めてだ。残っているものから多くを学べるかどうかはわからない」。


ダジャレではないのだが、われわれはこの関係者に熱い質問をぶつけてみた: 生殖器がないことに気づかずに、どうやってクローンは人間に擬態するのか?


"これらの忌まわしいものは、真に邪悪な人間たちによってシリンダー内で孵化させられたものだ。彼らは神のものではない。私たちはすべての答えを持っているわけではありません」。


最後に、ハイムズ議員はビーチに到着したのかと尋ねた。


「彼の姿はない。もしいたとしても、彼は今頃死んでいる可能性が高い」

閲覧数:130回

Comments


bottom of page