top of page
  • 執筆者の写真神岡建

海軍法務総監、NIH生物兵器研究所のボスに有罪判決 Real Raw News 2024/01/13




ソース


モンタナ州ハミルトンにあるNIHのBSL-4研究所で「エアロゾル化出血熱と天然痘」の兵器化プログラムを監督していたNIH職員に、キャンプ・ブレイズの米海軍法務官部隊が反逆と殺人の罪で有罪判決を下した。


12月に報道されたように、米海兵隊と陸軍のCBRNスペシャリストは、40人のNIH職員を殺害し、30エーカーの敷地内のあらゆる機器を破壊して、死の研究所を略奪した。彼らは今は破壊された病原体を押収し、翌朝研究所に到着する油断したディープスタターたちを傷つけ殺すための罠を仕掛けた。その2日後、JAGの調査官は研究所を管理していたNIHのチンピラ、アルフレッド・C・ジョンソン副所長を逮捕した。彼はマイアミのマルガリータ・バーでカクテルを飲んでいた。ほとんどのディープ・ステートの手下がそうであるように、ジョンソンは非協力的で頑なな態度をとり、FEMAとNIHがサンフランシスコの路上からホームレスの人々を人体実験のために引っ張り出したことを知っていることをJAG調査官が彼に突きつけても、口を割ろうとしなかった。


「あなたたちのことは知っている。彼らはあなたたちのことを警告していた」とジョンソンは初期の尋問で言っただけだった。

JAGは彼を12月中旬にキャンプ・ブレイズに飛ばし、木曜日の朝の軍事法廷まで予審拘置所に収容した。彼は、自分は無実であり、無実の人に弁護士は必要ないと言っていたので、自分で弁護することを選んだ。

ジョンソンは、検察側のデイビッド・G・ウィルソン海軍法務司令官提督が黒人であることに気づくと、人種カードを発動した。ジョンソンは伸ばした腕を上げ、手首を揺すった。「ブラザー、あなたがこの抑圧の当事者であることを残念に思います。君は間違った組織にいて、売国奴のようにトランプの言いなりになっている。君は物事を正す力を持っている。


「ウィルソン提督は言った。「私が知っている唯一の色は、赤、白、青、そしてアメリカ軍が身に着けている色だ。この事件を審理している3人の将校のうち、2人が私たちと同じ肌の色をしていることにお気づきだろう。さあ、被拘禁者、席に着いてください」

提督は冒頭、海兵隊が研究所から押収したSSDをパネルに見せた。そこには、NIHによる人体実験を描いた不穏な映像が収められていた。クリップ1では、バイオシーリングされたプレキシガラスの窓の安全な側にいる見知らぬナレーターが、病院のベッドに横たわり、眼窩から出血している中年男性にカメラのレンズを向けている。彼の眼球に残ったものは、破裂するかのように血まみれの眼窩から膨らんだ不透明なビー玉だった。意識はあるが、時折首をかしげ、咳き込もうともがく。頭から落ちた髪の塊が血に染まった枕の上に落ちている。表向きはカメラに向かって話しているが、ナレーターはこの男を「被験者番号1023」と名乗り、「エアロゾル化したマールブルグウイルスのゲノムを室内に流し込むことで、望ましい効果が得られた」と言う。男の鼻孔から血がしみ出し、クリップは終わる。


第2のクリップでは、同じナレーターが、「27歳のホームレスの女性でヘロイン中毒者。その無謀なライフスタイルと麻薬中毒が、彼女の避けられない運命をもたらした。彼女の縮こまった顔は、膿と血が混じった腫れ物と水疱で覆われている。裸の頭皮は病変で覆われている。胸の巨大な嚢胞が噴出し、粘性の液体を漏らしながら、ナレーターは、ほとんど大らかに聞こえるように、NIHは有益な目的を果たさない人生の旅立ちを早めることで、彼女に好意を持っていると言う。


三人目の犠牲者、つまり "被験者番号1021 "は50代半ばの男性で、ナレーターは湾岸戦争帰還兵のホームレスと呼んでいる。彼はPTSDに苦しみ、恋愛に失敗し続け、職を失い、妻が他の男と別れた後、路上に出てきた。彼は折りたたみ式の担架に縛り付けられ、大量の汗をかき、血に濡れたシーツの下で震えている。顔にはたくさんの腫瘍と傷跡があり、ほとんど人間とは思えない。彼は "助けて "と口にした。


ウィルソン提督は大きくため息をつき、ビデオを切った。「あと47のクリップがありますが、3つでは多すぎます。被験者番号が連続したもので、無作為に割り振られたものではないと仮定すると、NIHは数え切れないほどの罪のない人々を誘拐し、拉致し、実験にさらしてきたことになる。あなた方は観察力が鋭いが、私がこれらのクリップをスローモーションで見直すまで、あなた方も私と同じことを見逃していたに違いない。適切なフレームで一時停止します」


彼は3つのクリップを再生し、一時停止して、プレキシガラスに映ったものを拡大した。そこに映し出されたのは、仮面をかぶった語り手と、彼と並んで立っている、被告人アルフレッド・ジョンソンのニヤニヤした顔と骨格だった。

"我々は専門家と外部アナリストにビデオを精査させたが、彼らの所見によれば、ガラスに映っているのは被拘禁者ジョンソンである"。

被告は異議申し立てをしたいと言った。

「あなたの存在そのものに異議があります」とウィルソン提督は彼に言った。「このことは、あなたがモンタナ研究所で、後にあなたの仲間によって火葬された罪のない人々が、あなたの生物兵器プログラムのために拷問されるのを見ていたことを決定的に示している。JAGと軍事委員会は、あなたが反逆罪と殺人罪で有罪だと考えている。

「有罪だ」と海兵隊大佐が言った。


「もし私がこの制服と徽章を身につけていなかったら、旧式のやり方で始末していただろう」と海兵隊中尉。

「失礼しました、提督、制服や法廷を軽視するつもりはありませんでした」

提督はわかったと言った。そして、ジョンソン被拘禁者の処刑を1月24日に予定している。


更新:賢明な読者はお気づきのように、スティーブンス提督という裁判官は黒人ではなく白人である。これは私の大きなミスである。頭の中で名前がごっちゃになっていた。検事は海軍法務部司令官のデヴィッド・ウィルソン少将だった。記事を訂正し、お詫び申し上げます。

閲覧数:132回
bottom of page