top of page
  • 執筆者の写真神岡建

死んだディープ・ステーター、空軍将校を騙してGITMOを爆破させようとする Real Raw News マイケル・バクスター 著 (2024/02/25)

ソース:


故戦争犯罪人ロイド・オースティンを装った人工知能は、トランプ大統領に忠実な反乱軍将校らが徴用し、基地を使用していると主張し、今週グアンタナモ湾への大規模な空爆を開始するよう空軍爆撃部隊高官を説得しようとしたが無駄だった。 バイデン政権に戦争を仕掛けると、エリック・M・スミス将軍の事務所関係者はリアル・ロー・ニュースに語った。


不法政権にとって残念なことに、AIのプログラマーは、本物のオースティンが、2023年半ばに同じ士官である第509爆撃航空団司令官キース・バトラー大佐にB-2スピリットの強襲出撃を圧力をかけたことを忘れていたか、知らされていなかった。 GITMO の指揮統制建物に対する命令はバトラー大佐が拒否した。 我々の情報筋によると、当時生きていたオースティンはバトラーの拒否に激怒し、裏切り者の烙印を押して軍法会議を開くと脅したという。 しかしバトラー大差は、オースティンが実際には裏切り者であり、非合法な国防長官であり、陰謀団の手先であると言って、その命令を笑いながら言った。 その時までにバトラー大佐は政権を放棄し、エリック・M・スミス将軍の前で合衆国憲法を支持する宣誓を行っていたのだ。 彼は最後の正当な最高司令官であるドナルド・J・トランプ大統領を支持し、違法な政権指令を回避すると約束していた。


それにもかかわらず、2月22日木曜日、ミズーリ州ホイットマン空軍基地のバトラー大佐は、翌朝オースティンとのビデオ通話に正装して出席するよう命令する電子メールを受け取った。 しかし、このメッセージは元海軍少将からディープステートの要員となったジョン・カービーによって送信されたものであり、彼はNSCの通信部長としてバトラー大佐に対して何の権限も持っていなかった。


大佐はこの電子メールに異議を唱え、オースティンがなぜ個人的に連絡を取らなかったのかを尋ねたが、カービーはこう答えたと伝えられている。「オースティン長官は多忙だ。 私は彼の権限の下、彼の命令をあなたに伝えています」

どうやらカービーには知られていないが、バトラー大佐はロイド・オースティンが1月にウクライナでロシアの巡航ミサイル攻撃によって死亡したことをすでに知っていたようで、ロシア連邦保安局であるFSBが、スミス将軍の事務所に転送したDNA証拠によって確認された。


「大佐、あなたはそのビデオ会議を録画して下さい。私たちの部下に見てもらいます。 オースティンが死亡したと信じる十分な理由があるが、それでも自分がオースティンだと主張している人物を調べてみたい」とスミス大将は電話でバトラー大佐に語った。


バトラー大佐は、コンピュータ画面上の「オースティン」を見たとき、自分が詐欺師と話していることに気づいた。 シミュレーションの調性、方言、リズムはオースティンのものと完全に一致していたが、その外観には偽造の兆候があった。

彼の眼鏡は間違った形で、円形レンズではなく八角形だったそして、彼の顔は誰かが Photoshop で加工したかのように細すぎた。

さらに、本物のオースティンは常にスーツジャケットの左襟に星条旗のピンを付けていた。 バトラー大佐は右襟にそれがあることに気づいた。


さらに、オースティンの目は明るい茶色で、耳はオバマとほぼ同じくらい目立って大きくなっていた。 しかし、最も明白な事実は、オースティンがバトラー大佐の過去の不服従について全く記憶にないということであった。


「ディープフェイクは、本題に入るまで約10分間、昔の友人であるかのようにバトラー大佐に話しかけ、バトラー大佐も最初はそれに同調した。 少なくともバトラー大佐がGITMOの一部を粉々に破壊することを望むまでは」と我々の情報筋は語った。


「バトラー大佐、あなたにグアンタナモ湾を目標とし、現在転送される荷物を目標として、B-2 2 個飛行隊をただちに緊急発進させるよう命じる。 つまり、GITMOは依然としてドナルド・トランプに従う反体制派軍によって占領されたのだ。 コマンド・ネクサスを含めることを目標としているが、繰り返すが、拘留房は含めない。 司令官が危険にさらされているため、資産はそこに停泊している海軍艦艇も破壊しなければならない」とシミュレーションは述べたが、バトラーの姓の発音が間違っており、「フェリス・ビューラー」と発音するように「u」に重点が置かれている。


「オースティン長官、これはいかなる種類の命令を発するための SOP でもないことをご存知ですよね?」 バトラー大佐は言った。

「これらの命令は大統領ジョセフ・R・バイデンからの直接のものだ」とオースティンのシミュレーションは答えた。

「数か月前に私たちが同じような会話をしたことを覚えていないのですか?」 バトラー大佐は言った。

シミュレートされた顔は一分間沈黙した。 その AI は会話に適応して、適切で信頼できる応答を組み立てようとしているに違いない。

すると、「もちろん覚えている。 しかし、それは未完成のままだった。 だからこそ、また同じことをしたのだ、バトラー大佐」と偽オースティンは言った。


バトラー大佐ははったりだ!と呼んだ。 「私はその命令に従わない。 オースティンが亡くなったことは知っているが、あなたは彼ではない。 いったい誰があそこでこの会話を聞いているんだ?




会話は発信元で終了したが、後に米海兵隊サイバースペース司令部は、発信元がカリフォルニア州ベーカーズフィールドにあるNSC衛星事務所に関連付けられたIPアドレスであると特定した。

閲覧数:28回

Комментарии


bottom of page