• 神岡建

媚瘤芸津、10月1日に予定より早い死刑の執行(2021/10/03)


現在のパンデミックと惑沈による人口削減計画を20年前から進めてきた経緯が軍事違法艇で明らかにされていました。媚瘤芸津はビッグファーマに指示し、毒の入ったインフルエンザの惑沈と称する物質で、新聞により募集した250名を死亡させたことが、91才の生存者の証人によって証言されました。

その毒物は、飲んでもすぐには死なず、数年かけて様々な原因で死亡するよう作られていたことも判明しました。媚瘤芸津の所有する敷地に残っていたパソコンを米軍が押収して、その中から出てきたメールも証拠に提出されました。

閲覧数:366回