top of page
  • 執筆者の写真神岡建

ホワイトハットがFEMAのEBSを破壊する

更新日:2023年10月6日



マイケル・バクスター著 202年10月5日

出典:リアルローニュース


エリック・M・スミス将軍のオフィスの情報筋がリアル・ロー・ニュースに語ったところによると、水曜日、アメリカ陸軍レンジャーがFEMAの緊急放送を妨害し、中央送信機を破壊した。


先月報告したように、FEMAが新たな緊急行動システムを構築したというニュースは、ホワイトハットを驚かせた。彼らは2022年3月にFEMAのマウント・ウェザーの拠点と1976年以来稼働しているEBSを占領しており、FEMAにこれほど迅速に代わりのシステムを構築する人員と資源があるとは思っていなかった。


FEMAの形式的な発表(ディープ・ステートは常習的にその意向を予告する)により、ホワイトハット評議会はEBSのコントロール・センターと主要タワーの大規模な捜索を指揮することになった。米陸軍サイバー軍司令部と海兵隊サイバー空間軍司令部は、ワシントンDCからカリフォルニア州、そしてそれ以遠のディープ・ステートの雑談を熱心に監視した。


そして彼らが耳にした雑談。ホワイトハットの努力を混乱させることを意図した、理解しがたいおしゃべりの不可解なブレンド。ホワイトハットは、暗号化されていないこのおしゃべりを、貴重な時間と資産を浪費させるための誤誘導、赤信号だと解釈した。それにもかかわらず、スミス将軍は3カ所に部隊を派遣した。そこには、勇敢な海兵隊員に向かって数発の銃弾を撃ち込もうと躍起になっている、引き金を引きたがるFEMAのチンピラ集団という罠が仕掛けられていた。ヴァージニア州ロアノークで起こったある戦闘では、激しい銃撃戦の唯一の生き残りである臆病な連邦政府の監督官が、銃弾を浴びた仲間たちの中に立ち、「撃つな!撃つな!降参だ!"


白帽子は捕虜たちを積極的に尋問したが、監督官を含め、EBSの場所を知っていると認めた者は一人もいなかった。


「彼らは尋問に抵抗することを知らなかったし、教えられてもいなかった。水責めは効果的なので、彼らは真実を話していると思います」と情報筋は言う。


ARCYBERは、EBSがウクライナにあると主張するメッセージさえ傍受したと彼は付け加えたが、スミス元帥はその考えを愚行だと一蹴した。ゼレンスキーの裏庭におけるディープステートの存在は否定できないが、FEMAは歴史的にその活動範囲を米国とその保護国に限定してきた。


9月中旬、連邦政府の "第5列主義者 "たちは、EBSの居場所と称して将軍のオフィスに近づいた。しかし、4人の「第5列論者」がそれぞれ矛盾した詳細を提供したため、彼らの情報はすでに疲弊していた捜索を複雑なものにし、ホワイトハットは、極悪非道な連邦捜査官が意図的に仲間内に偽情報を流していると結論づけた。その場所は、コロラド州デンバー、ニューデリー州キャリントン、ジョージア州マリエッタ、オレゴン州ベーカーシティの「近郊」であった。


他に具体的な手がかりも逸話もなかったため、スミス将軍とホワイトハット評議会は、海兵隊と第75レンジャー連隊の遠征部隊を各都市に配置し、アーキバーと宇宙軍司令部のホワイトハットは、衛星画像から最近建てられた建造物や携帯電波塔の痕跡を精査した。


「FEMAは既存のものを簡単に再利用できたので、一か八かだった」と情報筋は言う。


一方、第160特殊作戦航空連隊は、4つの都市の上空を監視飛行した。


タスクフォースが不屈の精神で捜索を続けるなか、アーキバーはスミス将軍に、発信源を三角測量し、信号を妨害または停止させることができるが、それはFEMAがテストを開始した後に限られると伝えた。


「つまり、最悪の選択肢しかない。[FEMA長官の)ディアン・クリスウェルは、あれを使って新たな内戦を引き起こすかもしれない」とスミス元帥は言った。


ホワイトハットが最も恐れていたのは、FEMAがEBSを使って、バイデン政権が戒厳令と国家武装解除を宣言したことに対抗して、愛国者たちが直ちに武装し、ロック・アンド・ロードし、沿岸から沿岸まで政府の建物を襲撃するよう促すトランプ大統領や軍からのメッセージを偽造し、J6に行ったように彼らを陥れることだった。ある "第5列柱 "は、EBSは "携帯電話を爆発 "させ、"脳溢血 "を引き起こすとスミス将軍に語った。


「音響兵器は現実に存在するが、そのような報告は聞いていない。「より可能性の高いシナリオは、EBSが携帯電話にGPS座標をピンバックさせたり、悪意のあるソフトウェアをインストールさせたりすることだ。ネット上の噂に反して、EBSがゾンビ・アポカリプスを引き起こすことはない」。残念ながら、捜索活動は無駄だった。


FEMAのEBSは昨日午後2時21分(東部標準時)に何百万台もの携帯電話に悲鳴のようなシグナルを送ったが、その鳴き声はFEMAが期待していた35秒ではなく、わずか6秒しか続かなかった。ARCYBERは、発信源をコロラド州ゴールデンの南2マイルにある変電所に特定・追跡し、送信を妨害した。その20分後、4人のレンジャー・チョークが変電所に降り立った。変電所では、電力会社の作業員に扮したFEMA職員が保守棟と移動司令室からダッシュで出てきた。彼らはそのまま、地上まで懸垂下降してきたレンジャーと、MH-60ブラックホークのドアガンナーからの銃撃の嵐に突っ込んだ。


煙が晴れたとき、17人のFEMA職員が血を流して死んでいた。


レンジャーが建物に入り、送信機を破壊した、と情報筋は語った。


FEMAのエンジニアは、変電所の変圧器、リレー、導線、グリッドワークの複雑な迷路を、近くのセルタワーに5G信号をパルス送信するその場しのぎのアンテナに変換し、サイクルを開始する方法を発見した、と彼は説明した。


「私たちは、マウント・ウェザーのような要塞や地下要塞を期待していた。しかし、そうではなく、彼らはそれをオープンで安価にこしらえたのだ。」


最後に、2人のレンジャーが軽傷を負ったが、回復する見込みだという。


閲覧数:146回

Comments


bottom of page