top of page
  • 執筆者の写真神岡建

プーチン大統領、新型コロナ犯罪者を大量処刑

Real Raw News マイケル・バクスター著 - 2024 年 4 月 28 日



ソース


ウラジーミル・プーチンは先週、プーチンの2023年3月の勅令により、ロシア軍が捕らえ収監していたCOVID-19の犯罪者450人の大量処刑を命じ、ロシア国内での血栓注射とワクチン研究を禁止した。

FSB諜報員アンドレイ・ザハロフがリアル・ロー・ニュースに語ったところによると、ロシアでは、無数の医療専門家や研究者が、科学省が毒に汚染された予防接種が、ワクチンのシェディング、心臓発作、ワクチンAIDSを引き起こすことを証明した後でも、密かに新しいワクチンを推進することによってプーチンの命令を無視することを選んだという。


ロシア軍の他の任務の中でも、裏切り者を一網打尽にし、北極圏の北にあるIK-3流刑地に収容することに昨年費やしていた。ザハロフによれば、収容所の収容者リストの中には、プーチンの指令に背き、COVID-19ワクチン研究プログラムに寄付をした政治家も含まれていたという。


「彼らはプーチン大統領にバレないと思っていた。そして彼らは間違っていた」プーチンは、ロシア連邦議会の下院である国家議会の裕福な議員が、WHOとつながりのある地下のワクチン拡散組織に1億8433万1797ルーブル(約200万米ドル)を寄付していることを突き止めた。陸軍が逮捕状を持ってこの政治家の家を襲撃したとき、彼らは父親を守るためにピストルを二丁持っていた16歳の息子を殺さざるを得なかった。泣き叫ぶ息子は引きずり降ろされ、取り調べを受け、共犯者の名前を言わなければ自分も撃たれると言われた。


「彼は16人の名前を白状しました。もちろん彼らを逮捕し、もちろん国家公安委員会の男も処刑しなければなりませんでした。彼は密告者であるだけでなく、裏切り者でもあったのです」とザハロフは言った。


陸軍は、死刑囚を一度に25人ずつ独房から引っ張り出し、地面に杭を打った丸太に縛り付け、目隠しをした。彼らは裁判も、最後の食事も、最後の儀式も、最後の言葉も受けなかった。銃殺隊がワクチン順守の結果を教えたのだ。


陸軍は次の25人を整列させる前にわざわざ死体を撤去することはしなかった。彼らはただ死体を地面に叩きつけ、次の集団に彼らを待ち受ける避けられない運命、つまり彼らの無頓着さの結果を目撃させたのである。

「彼らは裏切り者の共同体であったので、地面に開いた大きな穴という共同墓地を共有した」とザハロフは言った。


閲覧数:188回

Comments


bottom of page