top of page
  • 執筆者の写真神岡建

プーチン、ウクライナのクローン研究所を爆破  Real Raw News (2023年11月12日)


ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は金曜日、まだウクライナにあるドネツク地域の一部にあるディープステートのクローン施設に対する巡航ミサイル攻撃を命令したとFSB職員のアンドレイ・ザハロフ氏がリアル・ロウ・ニュースに語った。


この攻撃は黒海艦隊のロシア軍艦アドミラル・グリゴロヴィッチによって行われ、ノベータ・カリブル・ミサイルの波が発射され、実験室に打撃を与え、乗員を殺害し、熟成シリンダーの中で成長していた米国とロシアの政治家の生きていないクローンを殺害した。


ザハロフ氏によると、この研究所にはウラジーミル・プーチン氏、ドナルド・トランプ氏、マージョリー・テイラー・グリーン氏、ロシア国防大臣セルゲイ・ショイグ氏、連邦議会議長ヴォロディン・ヴャチェスラフ・ヴィクトロヴィッチ氏、ジム・ジョーダン氏をはじめ、それほど有名ではない反ディープステート擁護者の複数のクローンが保管されていたという。 ザハロフ氏は、「プログラムされた」クローンは、不正行為が行われた後に実際の人間を置き換えることを目的としていると推測した。


「これらのクローンのバッチは、グローバリストのディープステートと戦っている人々のコピーです。 私たちがこの場所のことを知ったのはほんの1週間前で、プーチン大統領はそこを砲撃すると言った。 まず一人の男を研究室に連れて行ったところ、彼はこれらすべてのクローンが円筒に入っているのを見ました。 なんというか、製造工場がクローン研究所に変わったという情報を入手しました」とザハロフ氏は語った。


ウクライナ語を話すFSB職員2名が、偽造した資格情報を持って11月8日にウクライナに入国した。彼らは、法規執行官を装い、クローン研究所近くの企業に対して偽の構造的完全性検査を実施した。 しかし、研究室を視察しようとしたところ、入り口に立っていた6人の武装警察官が銃を突きつけて追い返した。 警察は、ヴォロディミル・ゼレンスキー氏がこの建物の所有者であり、許可された者のみが立ち



入ることができると述べたと伝えられている。 警察によれば、ゼレンスキー氏の命令は国家法典執行の権限に取って代わられるという。

「彼らエージェントたちは、それから出発しました。 彼らはそこがその場所だとすぐに分かりましたが、それでも中を覗いてみたかったのです。 夜になると、彼らは黒い服を着て建物の周りをこっそり回り、そこにいる警察を避け、窓か何かを探しますが、何もありません。 窓はすべてセメントで固められてしまった」とザハロフさんは語った。


エージェントたちは屋根の上に登り、内部に通じるアクセスハッチを発見した。 ハッチには光ファイバーを通すのに十分な幅の隙間があり、捜査官らは6人の作業員と、上記の人物が入ったクローン作成用のシリンダーが列や列に並んでいるのを目撃した。 予想屋の主張を確認した彼らは直ちにその地域を離れ、FSBのモスクワ本部に調査結果を報告した。

「我々には証拠があったので、プーチン大統領は建物を粉塵にして誰も生かしてはいけないと言った」とザハロフ氏は語った。

金曜午前3時、ミサイルの集中砲火が建物を襲った。

ザハロフ氏は、暴行により「何らかの巻き添え被害」が生じたと述べたが、それ以上の詳細は明らかにしなかった。

この研究所の存在は、ディープステートがアドレノクロムの生産を東ヨーロッパに移しただけでなく、大規模なクローン作成活動も行っていることを明確に証明している。

閲覧数:105回

Comments


bottom of page