top of page
  • 執筆者の写真神岡建

バイデン政権の最高科学顧問を軍が逮捕 Real Raw News(2024/1/7)by Michael Baxter

ソース


エリック・M・スミス将軍の事務所の情報筋がリアル・ロー・ニュースに語ったところによると、大晦日にアメリカ海兵隊は、バイデン陰謀団の科学技術室長であるアラティ・プラバカールを反逆罪で逮捕した。


2022年10月に任命されたプラバカールの任務は、国内および国際情勢における科学技術の影響について偽大統領に助言することだった。彼女はエンジニアであり、1980年にカリフォルニア工科大学で電気工学の修士号を、1984年に応用物理学の博士号をそれぞれ取得した。1986年から1993年までDARPAにプログラム・マネージャーとして勤務し、その後DARPAのマイクロエレクトロニクス技術オフィスの創設ディレクターを務めた。医学的資格はない。

2023年12月、White Hatsはカマラ・ハリスからのCOVID-19ワクチンの飲料水への導入の実現可能性に関する問い合わせに応じてプラバカールが書いた研究論文のコピーを入手した。2023年10月3日付の32ページに及ぶプラバカールの回答は、そのようなミッションは可能であるが、非常に非現実的でもあると結論づけている。彼女の仮説は、いくつかの一見克服不可能なハードルを指摘した。クリーブランドを例にとると、毎日コップ4杯の水を飲む人に効果的にワクチンを接種するには、ワクチンと未処理水の比率が1:1000になる必要がある。

クリーブランド市の飲料水は、エリー湖の沖合3マイルにある4つの取水口から汲み上げられる。ポンプで沈殿タンクに送られ、有害な病原菌を殺し、水を消毒するために塩素で処理される。濾過システムは、フッ素やパイプの腐食を防ぐためのオルトリン酸塩のような化学物質が濾過を免れるように減衰されている。

プラバカールは、自治体はワクチン成分のフィルターを弱めなければならず、彼女は特に蛇毒やスパイクタンパク質を家庭の配管に浸透させなければならないと書いている。RRNがその一部をレビューした彼女のマッドサイエンス提案書には、数学的にどのようにして1:1000の比率の仮定に達したかは書かれていない。


「...計画を評価した結果、1000ガロンの水に対して1ガロンのファイザー・バイオンテッ

ク、モデナ、ノヴァバックスのワクチンが必要である。家庭の配管に市販の高性能フィルターが設置されていないと仮定すると、水道水を消費する人は、完全なワクチン接種を行うのに十分な量の水が消費されるまで、少しずつワクチン接種を受けることになる。余分なワクチンは、排尿や発汗によって体外に排出されるでしょう」とプラバカールは書いている。

各沈殿槽には45,000ガロンの水が溜まっているため、ディープ・ステートは1回の処理に45ガロンのワクチンを必要とする。


「しかし、ワクチン接種の義務化を復活させる方がコストはかからない。特に、政府は6回接種のワクチン1本につき約420ドルを支払っているのだから。私はこのアイデアが大好きで、一緒にこのプロジェクトに乗り出したいのですが、ハリス副大統領、最終的には難しいのです」と彼女は書いている。


情報筋によると、ダース・E・クランドール副提督は、国家反逆罪の共謀罪の定義に当てはまるかどうかを判断するため、書類を確認した。提督は、プラバカールを起訴し、軍の逮捕状を発行する前に、1週間その書類を放置した。彼は起訴状をスミス将軍のキャンプ・ペンドルトン事務所に送った。


情報筋によれば、将軍は海兵隊の偵察小隊に、"新年の挨拶をする "ためにプラバカールのバージニア州の自宅を訪問するよう命じたという。

海兵隊は大晦日の早朝にプラバカーの近所に到着し、情報筋によれば、その日プラバカールの周囲にいたかもしれない友人や家族からプラバカーを隔離するために、"必要なだけ待つ "準備をしていた。しかし、彼女の自宅を監視していた海兵隊は、ある隙を突いた。プラバカーは一人でソファーに座り、シャンパンを飲みながら、テレビでディック・クラークの『ロッキング・ニューイヤーズ・イブ』を見ていた。突然、6人の海兵隊員が武器を構え、彼女のソファを取り囲んだ。

「ほろ酔いのプラバカールは、「ああ、いやだ、彼女が私をトラブルに巻き込むことは分かっていた」とほろ酔いのプラバカールが声を上げた。


「彼女は今、尋問のために拘留されています。彼女の論文は理論的なもので、実戦を想定したものではないと言っています。彼女は裁判を受けることになるでしょう」



閲覧数:87回

Kommentarer


bottom of page