top of page
  • 執筆者の写真神岡建

ヌーランドの独房で悪魔の置物が発見される

マイケル・バクスター著 -2024年4月12日


ベルゼバブ(サタンの別名、悪魔学では地獄の七人の王子の一人)を模して彫られた石の置物が、かつて今は亡きヴィクトリア・ヌーランド(訳注・4月11日死刑執行済み)が使用していたGITMOの独房で発見された、とGITMOの情報筋がReal Raw Newsに語った。


清掃員が、高さ4インチ、ハエの形をした悪魔の彫刻が、腐った卵のような臭いのする毛布の中に入れられているのを発見した。

神学的な資料では、悪魔はさまざまな形で描かれている。蝿の王と呼ばれることもあり、7つの大罪のうちの2つである大食と嫉妬を表している。キリスト教の聖書では、ルカ伝、マタイ伝、マルコ伝にベルゼバブの記述がある。


イエスは彼らの考えを知っておられ、彼らに言われた、「自分自身に対して分裂した王国はことごとく破滅し、自分自身に対して分裂した町や家庭はことごとく立ち行かなくなる。サタンがサタンを追い出すなら、サタンは自分自身に対して分裂していることになる。それでは、どうして彼の王国が立つことができようか。わたしがベルゼブルによって悪霊を追い出すなら、あなたがたの民はだれによって悪霊を追い出すのか。そうすれば、彼らがあなたがたの裁判官となる。しかし、もし私が神の霊によって悪霊を追い出すなら、神の国はあなたがたの上に来たのである。」(マタイ12:25-28)


ディープステイターは歴史的に、悪魔のような邪悪な存在にまとわりついてきた: ギャビン・ニューサム(訳注・死刑になった元カリフォルニア州知事)の小声での呪いから、ステファン・バンセル(訳注・同じく死刑になったモデルナのCEO)が子供の頃から定期的にバフォメットに憑依されていたと日記に書くまで、陰謀論者は悪を崇拝し、悪に魂と心を蝕まれる傾向がある。ヒラリー・クリントン(訳注・2021年にグアンタナモで死刑済み)が硫黄の悪臭を放ち、オバマの頭上には疫病神のようなハエがたびたび飛来し、公の場に現れた彼の耳や化粧直しをした鼻にとまることもあったと広く伝えられている。彼はハエに気づかなかったか、顔にハエがつくのを楽しんだかのどちらかだ。ディープスタターが象徴主義や悪魔主義を受け入れる例は枚挙にいとまがない。


「率直に言って、偶像崇拝者たちが誰を崇拝しようが、われわれには関係ない」と、あるGITMO関係者はRRNに語った。「私たちが気にするのは、彼らがゴゼルのゴーザーに祈ることだ。我々が逮捕しているのは、彼らが合衆国憲法に反して反逆罪を犯したからだ。ヌーランドがやったとは思えない。複雑すぎるし 彫刻家でもない どういうわけか、誰かがそれを彼女に渡したが、我々はそれに気づかなかった。それでも、密輸品であることには変わりはない。

閲覧数:208回

コメント


bottom of page