top of page
  • 執筆者の写真神岡建

トランプ「バイデンは中国に支配されたWHOに米国の主権を明け渡すパンデミック条約を締結しようとしている」 2023/10/18

「世界保健機関(WHO)は、米国が金を出し、中国が所有し支配する腐敗したグローバリストの詐欺にすぎない。年前、中国ウイルスがわが国に到達したとき、世界保健機関は中国共産党の痕跡を一挙手一投足にわたって隠し通した。このため、アメリカと世界保健機関との関係を解消することは私の大きな名誉であり、アメリカは世界保健機関に年間5億ドル近くを支払っていた。中国が14億人に対し、わずか4,000万ドルしか支払っていなかったにもかかわらずです。


つまり、私たちは3億3,000万人で、中国は14億人。私たちはアメリカの一般的な額の10倍以上を支払っている。残念なことに、ペテン師ジョー・バイデンは愚かにも、交渉も改革もなしに、正規の値段で世界保健機関(WHO)に再加盟した。そして今、バイデンはアメリカ上院を迂回し、再び中国に支配された世界保健機関にアメリカの主権を明け渡すパンデミック条約を締結しようとしている。この条約案は、パンデミック(世界的大流行)が起きた場合、米国が他国に大量の医薬品を送ることを要求するもので、公衆衛生の問題に関する言論の自由を積極的に検閲するものだ。武漢研究所についての真実を検閲したように。


次のトランプ政権下では、この条約は即座に打ち切られることを忘れないでほしい。私は、グローバル政府の歩みを進める口実として公衆衛生が使われることを許さない。グローバリストたちがやっていることだ。米国は腐敗した世界保健機関から脱退する。COVIDは大失敗をした。COVIDは完全に廃止され、取って代わられるべきだ。私は、主権と自由を守りつつ、健康を守ることに強くコミットする新しい国家連合を作るために働くつもりだ。本当にありがとう。しかし、私はこうも言いたい。私は2500万ドルで世界保健機関(WHO)に入ることができる取引を再交渉することができた。


バイデンはその取引に応じず、5億ドル近くを支払うことになった。私が協定を打ち切った後、彼らは米国を取り戻そうと躍起になっていた。私が協定を打ち切った後、彼らはアメリカを取り戻そうと躍起になり、私に2500万ドルから3000万ドルの取引を持ちかけてきた。私はノーと言った。もっと安く買えたかもしれない。でも、その時点ではそれ以下は望んでいなかった。私たちは5億ドル近くを支払っている。バイデンはほぼ5億ドルの取引を引き受けた。彼はもっと安い金額で復帰できたことを知っていた。それなのに、なぜ彼はそんなに払ったのか?しかし、これは私たちの国が間違っている多くのことの一つに過ぎません。ありがとうございました」



閲覧数:133回

Comments


bottom of page