top of page
  • 執筆者の写真神岡建

トランプ大統領の違憲判決を受け、ブラックハット軍の支持を失ったバイデン氏

By マイケルバクスター リアル・ロー・ニュース





妥協した陪審がドナルド・J・トランプ大統領を34のでっち上げられた罪状で有罪と判断するやいなや、軍の高官たちが、トランプ大統領とホワイトハットを助けるためにバイデン政権を見捨て、ディープ・ステートのグローバリストたちをアメリカの風景から永遠に追い出すことに賛成した。

木曜日の午後、エリック・M・スミス将軍は、O-4ランク以上の300人の軍将校から電話、テキストメッセージ、電子メールを受け取ったと報告された。彼らは、真実を知らずに眠っていたが、ソロスが後援するフアン・メルシャン判事が、深いリベラル派の陪審員に、トランプ大統領を有罪にするために全員一致は必要ないと告げたのを聞いて、突然目覚めたと語った。

将軍のオフィスの情報筋がリアル・ロー・ニュースに語ったところによると、300人の将校の中には、軍のすべての支部にまたがる中隊や師団の司令官、軍用ハードウェアの移動や管理を管理する兵站将校が含まれているという。

「彼らは啓示を受け、目覚めたようだ。「私はトランプ大統領の計画を知っているわけではないし、スミス元帥がすべてを知っているとも思わないが、トランプ大統領はこのようなことが起こることを予期していた可能性がある。彼には数手先を見通すユニークな能力がある。"

もし将校たちの政権離脱が本気であれば、2020年にバイデンが選挙を盗んで以来、最も重要な一日の離脱となる。しかし、スミス将軍は額面通りには何も受け取らず、裏切り者や内紛者を厳しく審査し、挑発工作員や薄汚いバイデンのスパイを排除する。

我々の情報筋によれば、正直者はおそらく恩赦を受けるだろうが、不誠実な将校はホワイトハットの中に紛れ込もうとしたことを後悔し、裏切り者の死に直面するだろうとのことだ。

将軍がなぜ裏切り者に慈悲深いのかと尋ねると、彼はこう答えた。我々は5つの前線で戦争をしており、『指輪の仲間たち』でビルボ・バギンズが言ったように、『パンにバターを塗りすぎたように』手薄になっているのは周知の事実だ。彼は、これらの将校の多くが政権に脅され、騙され、口車に乗せられたことを考慮しなければならない。将校が寝返るというのは、以前にも見たことがある」。

先週、第12航空旅団司令官ライアン・ケンドール大佐と彼の指揮下にある35人の将校は、憲法とアメリカの利益に反する行動をとり、恩赦を要求した偽大統領をもはや擁護しないという書簡をスミス将軍に送った。情報筋によれば、スミス元帥とケンドール大佐は4時間にわたって話し合い、詳細については説明しなかったが、合意に達したという。

復帰を望む『ブラックハット』をすべて処刑するのは不合理だと将軍は感じている。スミス将軍と評議会が決めることだ。

過去に行ったように、我々は情報筋に、軍隊の23万7000人の将校のうち、ホワイトハット、ブラックハット、フェンシッターの数を定量化するよう求めた。

「23万7000人が今何を考えているのかさえわからないのだから。私が言えるのは、ディープ・ステートの離反は定期的に起きており、今後も起きるだろうし、これはパワーバランスの根本的な変化を意味する。バイデンにとっては悪いことだが、我々にとっては良いことだ」

閲覧数:178回

Comentarios


bottom of page