top of page
  • 執筆者の写真神岡建

トランプ大統領、コロラド州最高裁判決を笑う Real Raw News(2023/12/20)




ソース:


コロラド州最高裁判所(民主党の判事で構成されるディープ・ステート組織)が昨夕、憲法修正第14条の「反乱条項」の意図的な誤訳を理由に、ドナルド・J・トランプ大統領の名前を2024年の同州の投票用紙から削除しなければならないとの判決を下し、インターネットは大騒ぎになった。

同条項は、憲法を「支持する」と宣誓した後、憲法に対して「反乱または反乱を起こした」者を公職から禁止するもので、南北戦争後の10年以降に使用されたことは数えるほどしかない。しかし、トランプ大統領を有罪にするどころか、反乱罪に問うた裁判所はない。したがって、今回の不当判決は、純粋にトランプ大統領、合衆国憲法、コロラド州の有権者に対する政治的動機に基づく攻撃だった。トランプ大統領の名前を投票用紙から除外することで、コロラド州の進歩的政府は約600万人の権利を剥奪することになる。

「ディープ・ステートはトランプを死ぬほど恐れている。「彼らは数え切れないほどトランプを殺そうとし、恐喝し、脅迫してきた。トランプの防御は不可能だ。この非合法な決定は純粋な自暴自棄だが、何を知っているのか、トランプ大統領は動揺していない。

判決から数分も経たないうちに、バイデン政権のマウスピースであるワシントン・ポスト紙は、コロラド州最高裁の判決がいかにトランプ陣営を「揺るがし」、「根底から揺さぶった」かを伝える架空の記事を掲載し、トランプ陣営のスタッフやアドバイザーの架空の脱出を暗示した。一方、ソーシャルメディアは長い間眠っていた火山のような勢いで噴火した。トランプ大統領の批評家たちは、裁判所がトランプ大統領に致命的な打撃を与えたと称賛し、トランプ大統領の支持者たちは、裁判所は陰謀団の不正部門の武器化された付属物だと当然のように呼んだ。

トランプ大統領の反応はというと、アイオワ州での選挙イベントで演説しながら、このニュースを冷静に受け止めた。

「トランプ大統領は動揺しない。緊張もしない。彼は恐怖の意味を知らない。しかし、彼は敵の目に恐怖を見る。ディープ・ステートは彼にあらゆる種類の球を投げつけてきたが、彼はそれを打ち消し続けている」と情報筋は語った。

彼はさらに、トランプはコロラド州最高裁の判決について密告されていたと述べた。

「大統領の注意を逃れることはあまりない。彼は何が起こるか事前に知っており、対応を準備していた。

それらの対応には、合衆国最高裁判所に彼の "取り消し "を上訴するよう要請すること、そして米海軍法務総監部に、彼の名前を投票用紙から削除することに賛成票を投じたコロラド州の4人の裁判官を調査するよう要請することが含まれる。

「JAGのクランドール副提督が近いうちに起訴状を出すだろう」と情報筋は言う。「トランプ大統領は裏切り者をあぶり出す名人であり、そのために多くの犠牲を払ってきた。私たちは皆、彼が味方であることに感謝すべきだ。彼はコロラド州裁判所を見て笑っている。"

閲覧数:75回

Comments


bottom of page