top of page
  • 執筆者の写真神岡建

ディープステートのクローンは3年で期限切れになるとクローン科学者が軍に語る

更新日:4月25日

Real Raw News(翻訳)マイケル・バクスター著 - 2023年4月24日

ソース:





ディープ・ステートのクローンは熟成室を出ると3年間しか存在せず、期限切れの少なくとも1週間前には再生センターに呼び戻されると、1月初旬に米軍特殊部隊に逮捕され、長時間の尋問のために非公開の隠れ家に連行されたディープ・ステートのクローン科学者は語っている。


エリック・M・スミス将軍のオフィスの情報筋がリアル・ロー・ニュースに語ったところによると、軍の尋問官は、現在ハラルド・クラウスと名乗る49歳のドイツ生まれの科学者を逮捕後すぐに尋問し始めたという。寡黙なクラウスは、協力するか、過去2年間の有罪率100%の軍事法廷に臨むかを告げられた後、質問に答えることを拒否した。


その前に、尋問官たちはクラウスを説得するために穏やかな言葉を使い、アメリカ国内のクローンセンターの所在を明らかにさせようとした。彼らはクラウスを聡明だが、臆病で傷つきやすいと評し、強要することで彼が割れてしまうことを恐れた。彼らはディープ・ステートの報復から彼を守ることを約束し、もし彼を路上に解放すれば、ディープ・ステートは必ず彼を殺すだろうと言った。

「もし我々があなたを解放すれば、彼らがあなたを見つけるまで24時間、おそらくもっと短いだろう。たとえ何も話さなくても、彼らは私たちがあなたを壊し、あなたが話したと思うだろう。我々は善人だ。運がよければ、苦痛を伴わずにすぐに殺されるだろうが、君のボスは情け深いことで知られていない」と、ある尋問官はクラウスに語ったという。

それは穏やかな言葉だったと情報筋は言う。


クラウスは王族のような待遇を受けた。彼の食事に合わせた質の高い食事と、等時性尋問の合間の十分な回復時間。尋問官たちは、その寛大さが自白を引き出すことを期待していた。しかし、クラウスは強情で、かつての雇い主を明らかに恐れており、憤慨して肩をすくめたり、"私は本当に何も知りません "と宣言したりして質問に答えた。

彼の都合のいい記憶喪失は3月に入っても続き、あらゆる便宜を図り、親切心で彼の信頼を得ようとしていた尋問官たちをいらだたせた。


月中旬、クラウスは食事を摂らなくなり、尋問官に「捕虜生活が鬱を引き起こし、食欲がなくなった」と話した。仕事ではなく、ドイツのハンブルグに住む妻と12歳の息子が恋しくて、ホームシックにかかったという。

尋問官たちは隙を見ていた。

「我々の調査では、この男が妻と子供をまだドイツに残しているなどという手がかりはなかった。「彼は、妻が病気の母親の介護をパートタイムで行っているため、ドイツに住んでいると捜査官に語った。だから、捜査官たちは彼が嘘をついているかもしれないと考え、同情カードなどを使ったが、彼の身振り手振りや態度から、おそらく本当のことを言っているのだろうと推理した。それを利用したのです」。

尋問官たちは、クラウスに、彼らを通してしか家族に再び会うことはできないと言い、彼らの戦術を増幅させた。

「尋問官はクラウスにこう言った。「奥さんや息子さんが海外にいるからといって、彼らが安全だとは限らない。あなたのために働いていた人たち......彼らが何をしでかすか、ハラルド、あなたにはわからないんだ」。

協力は必ず報われると尋問官は言い、ディープ・ステートは卑劣で不屈の敵であり、その復

讐心は最終的に悪の手先をクラウスの家族へと導くだろうと付け加えた。


クラウスは泣き崩れた。嗚咽の合間に彼は、ディープ・ステートはクローン作りを区分けしており、ある施設の科学者は他の研究所の場所も従業員も知らない、と尋問官に語った。彼は、ミズーリ州で働いていた研究所の他に、12の国内クローン研究所の存在を示唆する報告書を見たことがあると言った。彼がディープ・ステートが異なる研究所で誰のクローンを生み出したか知らないと主張すると、捜査官はポリグラフ検査を受けるよう求め、彼はそれに応じた。


ポリグラフに接続されたクラウスは、クローンの "寿命 "はわずか3年であり、だからこそディープ・ステートは同一人物の複数のコピーを繁殖させたのだと語った。彼は、急速な成熟には、神経経路の不可逆的な崩壊という解決不可能な副作用が伴うと言った。

人間の場合、脳はシナプスの刈り込みと呼ばれるプロセスを通じて、使われていない経路を消去する。新しいことを学ぶたびに、脳の構造は変化し、新しい神経経路が形成される(この新しい情報を保存し、取り出すためにシナプスが作られる)。

クラウスによれば、クローンは3年経つと新しい経路の形成を止め、既存の経路は腐敗し、死ぬ前に精神病を引き起こすという。


すべてのクローンには、左耳の後ろに皮下マイクロチップが埋め込まれている。これはGPS追跡装置であり、ディープ・ステートがクローンの期限切れ前に「回収命令」を出すための受信機でもある。

「彼はまた、このチップによってディープ・ステートがクローンの健康状態をモニターすることができるとも語った。


クラウスは、リコールされたクローンは酸で溶かされ、公の場で描かれた人間の別の複製と入れ替わると説明し、今は破壊されたミズーリ州の研究所が2012年から2022年の間にジョセフ・R・バイデンのコピーを3体リリースしたと主張した。

クラウスは、オバマ大統領が本物のバイデンを殺させたと信じているが、証明はできないと語った。


情報筋によれば、クラウスは4回のポリグラフ検査に合格したという。

クラウスはどうなるのかとの質問に対し、彼は「明らかに、彼を釈放することはできない。ディープ・ステートは彼を生かしておかないだろうし、必要であれば無期限に拘束する正当な理由がある。彼は国家と人類に対して犯罪を犯した。そして、彼は私たちにもっと話すことがあるかもしれない」

閲覧数:196回

Comments


bottom of page