• 神岡建

クラレンス・トマス最高裁判事は毒殺されかけた!(2022/03/26)

理有る朗ニュース(和訳)

クラレンス・トーマス最高裁判事が、医師からウイルス感染症と診断され、ワシントンDCのシブリー病院に入院したという話は、ほとんど嘘であると、我が国の在職中の保守派判事が致死量のタリウムを摂取したと主張する軍の高官「ホワイトハット」関係者は述べた。


無味、無色、無臭のタリウムは、記号Tl、原子番号81の化学元素である。自然界には存在しない灰色の遷移金属である。単体では錫に似ていますが、空気に触れると変色します。可溶性のタリウム塩(多くはほぼ無味)は毒性が強く、歴史的には殺鼠剤や殺虫剤に使われていた。非選択的な毒性を持つため、多くの国で使用が制限または禁止されている。タリウムは歴史的に殺人の凶器として使われたため、「毒殺者の毒」「相続の粉」として悪名高い。


発病前、トーマス判事は妻のバージニアと共に、D.C.のダウンタウンにある高級レストラン「マジー」で食事をしていた。その数時間後、集中力低下、胃腸障害、息切れ、嘔吐、下痢などの症状が現れた。彼は当初、胸焼けと胃腸の逆流が原因だと考え、TumsとMylantaを飲んで不快感を和らげていたが、症状が悪化し顔色が悪くなったため、妻が病院を受診するようにと勧めた。


シブリー病院の医師は、血液検査を含む一連の検査を行ったが、コビド19は陰性であった。そして、血液検査を含む一連の検査を行った。故意か無能か、医師は彼を非特異的な上気道ウイルス感染症と診断した。普通の人であれば、抗生物質をもらって帰るところである。しかし、トーマス判事は、その立場上、経過観察になった。


「翌日、トーマス判事が体調を崩し、シブリーに入院したことを知ったとき、2つの重要な理由から疑念を抱いた。まず、ディープ・ステートが、ソトマヨールの逮捕と差し迫った死刑執行の報復として、保守派の判事を排除しようとするかもしれないという報告を聞いています。第二に、例えば司法の著名人の場合、ウォルター・リードに入院させるのが通例です。我々は、これがディープステートの攻撃である可能性が高いと考えた」と情報筋は語った。


ホワイトハットの軍司令官の代理人として行動する "人物 "が密かにシドレーを訪れ、トーマス判事の妻に疑惑を伝え、彼女が夫に持つ医療委任状を行使してシドレーからすぐに彼を引き出すようにと促したそうです。


「その時点では、何の確信もなかった。その時点では、私たちは何もわかっていませんでした。しかし、私たちはトーマス氏の命が危険にさらされていると信じていた。シドレーの医師は、彼が歩ける状態であっても、病院から連れ出さないように注意した。彼女は最初は不安だったが、最終的には彼を移動させることに同意した」と、情報筋は語った。


白帽子は、トーマス裁判官と、念のために彼の妻を、医師が彼の状態を厳密に評価できる秘密の場所に急いだと、彼は付け加えた。血液検査の結果、誰かが彼に毒を盛ったことが分かった。尿検査でも、血中に高濃度のタリウムが検出された。


「シドレーでの血液検査でわかったはずだ。シドリーの血液検査でわかったはずだ。まだ、全容がわかっていないので、特定の人物を非難しているわけではないが、真相は解明されるだろう」と、関係者は語っている。


ホワイト・ハットの医師のもとで、トーマス判事は、プルシアンブルーという消化器官からタリウムを流す薬の治療を受けていた。また、血液から過剰なタリウムを取り除くための血液透析治療も数回受けた。


「彼は回復することができました。トーマス夫人も検査したが、異常はなかった。我々は、彼がレストランで毒入りの食べ物を食べたと推測しているが、タリウムは少量ずつゆっくりと時間をかけて投与されることもあれば、一度に大量に投与されて致死量になることもあるので、絶対に確認することはできない。調査は継続中で、本当に保守的な判事にはさらなる保護が与えられるような措置をとっている」と、情報筋は語っている。


閲覧数:73回