top of page
  • 執筆者の写真神岡建

クラウス・シュワブ、逮捕後に健康状態悪化

Real Raw News マイケル・バクスター著 - 202年4月19日(翻訳) 

ソース:

Klaus Schwab’s Health Deteriorating After Arrest | Real Raw News




世界経済フォーラム創設者のクラウス・シュワブが危篤の状態でグアンタナモ湾海軍病院に入院しているが、医師らは狂気の誇大妄想狂が人道に対する罪で裁判を受けるまで長生きできるか疑問を抱いている。


以前に報告されたように、デルタフォースは先週金曜日にシュワブのスイス要塞を襲撃し、重武装した民間警備員21人を殺害した後、ベッドの横でアドレノクロムポンプに繋がれたシュワブを発見した。

情報筋は、運営上の安全を理由に、ホワイトハットがどのようにしてシュワブをスイスから搾取したかをReal Raw Newsに明かしていないが、Real Raw Newsの進行中の調査は、シュワブを軽蔑するスイス連邦情報局(FIS)のメンバーが抽出に関与したことを示唆している。


方法に関係なく、シュワブは水曜午後にGITMOに到着し、すぐに救急車で病院に運ばれたとGITMO関係者はRRNに語った。

同氏によれば、シュワブの健康状態は飛行の途中から悪化し始めたという。 飛行機の座席に手錠をかけられた彼は震え、抑えられないほど激しく咳き込み、「薬」を懇願した。 飛行機がサウスカロライナ州と同緯度に達するまでに、シュワブは大量の汗をかき、小便をし、血まみれの粘液を吐き出し、まるで砕けたガラスが喉に詰まっているかのような音を立てていた。

同便に乗っていた医師はノースカロライナ州ローリー・デュラムへの目的地変更を勧めたが、パイロットらはシュワブを遅滞なくGITMOに連れて行くという不変の命令があったため、その提案を拒否した。 医師は、シュワブがグアンタナモ湾に到達するまで長生きできるかどうかは保証できないと語った。


シュワブは旅行から生き残ったが、彼は完全に動けず、一貫した文章を話す能力も失っていたため、医師らは彼を担架で飛行機から降ろさなければならなかった。

病院では医師らにより急性腎不全と診断され、透析を受けることになった。 血液検査の結果、シュワブがワクチン接種を受けておらず、白血球数が著しく高いことが判明した。 さらに、彼らはシュワブが急性アドレノクロム離脱症状に苦しんでいたと判断した。


アドレノクロム離脱の副作用は患者によって異なるが、オピオイドやエタナール離脱に似ている。主な理由は、ディープステートが選択した薬物(恐怖に怯えた子供たちの副腎から吸い取られる)が、副腎液と合成アヘン剤の混合物であるためである。 以前に調査された押収されたアドレノクロムのバッチには、オキシコドンまたはフェンタニルのいずれかが含まれていることが判明した。 たとえ 1 回の投与でも、使用者に無力化の形態の依存を誘発する可能性がある。全体的な健康状態、薬物使用期間、精製されたアドレノクロムの純度によって依存者の副作用が決まり、突然の中止から数時間以内に副作用が発生する可能性がある。 全身性臓器不全はまれな、致命的な反応である。


「シュワブがどのくらいの期間アドレノクロムを服用していたのかは不明ですが、数十年は続いていた可能性があります。 彼が公共の場で自己投与できるように、隠せるインスリンポンプのような携帯用ポンプを身につけていたとしても、私は驚かないでしょう。 彼の状態は重篤だが安定しており、当面は意識不明の状態が続いています。 もし彼の他の臓器が機能不全に陥り始めたら、彼は生きて法廷に面会できないかもしれません。 言うまでもなく、ここではあの邪悪な野郎に腎臓を提供する人は誰もいません」と情報筋は語った。

閲覧数:119回

Opmerkingen


bottom of page