top of page
  • 執筆者の写真神岡建

オプラ・ウィンフリー、グアンタナモへ行く (2024/01/19)Real Raw News by Michael Baxter





ソース 


国家反逆罪、大量殺人の共犯、選挙結果を左右する陰謀、敵国幇助、その他の重罪および軽犯罪で告発されたトークショーの司会者オプラ・ウィンフリーは、12月初旬からグアンタナモ湾に収容されている、とGITMOの情報筋がリアル・ロー・ニュースに語った。


RRNが確認した逮捕状概要によると、米海軍のJAG捜査官は12月3日、彼女が友人のテレビ・パーソナリティ、ゲイル・キング(CBSニュースの放送ジャーナリスト)を訪ねるためにロサンゼルスに滞在していたところを逮捕した。捜査官たちは、ウィンフリーとその運転手を乗せたリムジンを、ロサンゼルス北西部の州間高速道路405号線から入ったところにあるアメリカ&ヨーロッパ美術館、ゲッティの近くで阻止し、車から強制的に連れ出した。

運転手はドアをロックし、窓を密閉していた。ウィンフリーは携帯電話でマイクに向かって必死にこう叫んでいた!お願い、助けて!こんなことは起こらないって言ったじゃない」


捜査官たちは警棒で窓を打ち砕き、ドアのロックを解除して、ふくよかな女性と運転手をリムジンから引きずり出した。運転手が上着の中から銃と思われるものを取り出そうとしたとき、捜査員の一人が銃を2発発砲し、運転手の首と頭に命中した。ウィンフリーは地面に倒れ、肺のてっぺんでこう叫んだ!私はオプラ・ウィンフリーよ」と叫びながら、捜査官たちは彼女の腫れた手首をジッパーで縛った。捜査官たちは運転手の遺体を処分し、ウィンフリーをJAGの拘留施設に連行するため、彼女と死体をリムジンに押し込んだ。


その運転手は銃ではなく、"大統領免責書類 "に手を伸ばしていたことが判明した。

捜査官がウィンフリーのロック解除されていない携帯電話の発信履歴を調べたところ、彼女が金切り声をあげていた相手は、闇の帝王バラク・フセイン・オバマその人だった。


ウィンフリーはまもなくGITMOに連行され、軍事法廷に臨むことになる。

我々の情報筋によれば、ウィンフリーに対する罪状は膨大で、法廷に提出される確かな証拠によって立証されるという。たとえば、JAGによれば、ウィンフリーは10月にマウイ島の一部を襲った大火災を予知していたという。大火の1週間前、ウィンフリーはマウイ島の邸宅全体を耐火樹脂でコーティングするために業者を雇った。ウィンフリーの邸宅は、魔法のように炎を生き延びた数少ない豪邸のひとつだった。ウィンフリーは、マウイ島を壊滅させ、その灰の上に "スマートな15分都市 "を再建しようと計画した悪党グループの一員だった。

「これは数ある犯罪のひとつにすぎません。"我々は彼女を逮捕し、法廷にて全てを明らかにする」


我々の情報筋によれば、現在公にウィンフリーを演じている人物は、粗悪なボディ・ダブルだという。

「逮捕後すぐに、別のウィンフリーが公の場に姿を現した。このウィンフリーだけ、なぜか200ポンドも体重が軽い。この太ったセレブたちはオゼンピックを愛用しているようだが、それでも3日で200キロの贅肉を落とすことはできない。オプラは、本物のオプラは、おそらく自分のしたことのために絞首刑になるだろう」と情報筋は語った。


           ※       ※       ※


言論の自由とオルタナティブ・メディアは、ディープ・ステートによる攻撃を受けている。リアル・ロー・ニュースが生き残り、繁栄するためには読者の支援が必要です。

私たちの知的財産をコピー・ペーストするサイトやチャンネルに、あなたの稼いだお金を与えないでください。私たちは数え切れないほどの時間をかけて吟味し、調査し、執筆しています。ありがとうございます。1ドルでも多く ご寄付は、サイトをアクティブに保ち、著者(と彼の医療費)をサポートするのに役立ちます。

閲覧数:71回

Comments


bottom of page