top of page
  • 執筆者の写真神岡建

「スミス将軍の心臓発作に関する不正の可能性を調査する白帽子」 RRNマイケル・バクスター 記 -2023/11/02

ホワイトハット司令官エリック・M・スミス将軍は、日曜日の午後に自然心停止を起こした「心臓発作銃」で撃たれた可能性があると、エリック・M・スミス将軍の事務所関係者がリアル・ロー・ニュースに語った。


スミス将軍は日曜の夜、自宅近くでジョギング中の4時58分に発生した "緊急事態 "により入院した。スミス元帥(59歳)は、毎日5〜7マイルをジョギングする腕利きのアスリートである。心臓疾患の既往歴はなく、維持のための薬も飲んでいなかった。


情報筋によれば、スミス将軍は10月に完全な健康診断を受け、異常なしと診断されている。


白帽子は現在、スミス元帥が "心臓発作銃 "で撃たれた可能性を調査している。"心臓発作銃 "はCIAが発明したもので、銃から発射されるとダーツとして機能する水と毒素の混合物を凍らせたものをダーツとして使う。ダーツは衝撃で溶け、心停止を引き起こす。


ホワイトハットは、2012年に「心臓発作銃」がアンドリュー・ブライトバートを殺したと考えている。


心臓発作銃」は神話ではなく、長い間存在していた。元CIA長官ウィリアム・コルビーは、この武器の実在を確認し、銃はスコープを取り付けた改造M1911拳銃で、柄の部分にバッテリーが入っていると述べた。発射には電気を使い、有効射程は100メートルまでだった。それは1975年のことだから、アルファベット機関はこの数十年の間に銃を改良したのだろう。


「この銃は毒入りの氷のペレットを発射し、ほとんど見えないほど小さな痕を残すと思います」と情報筋は言う。


スミス元帥にそのような弾丸と一致する刺し傷があったかどうか尋ねられたが、「今言えることは、この件は調査中だということだけです。今は傷の有無を確認することも否定することもできません。スミス将軍は強い男であり、回復に向かっている。


引用:


閲覧数:176回

Comments


bottom of page